D1GP Rd,7 ODAIBA[追走決勝トーナメント]

COURSE CONDITIONS

DRY

追走決勝トーナメントレース展開

16時30分スタートとなる追走決勝トーナメントは、日が落ちてくるサンセットからナイトにかけての幻想的なシーンでの戦いとなった。
日比野選手の対戦相手はD-MAXの平島選手。まずは先行となる日比野選手がまたもや圧倒的な角度の振り出しをみせて平島選手をまったく寄せ付けない。そのまま突き放しにかかってフィニッシュ。6.0対6.0のポイントとなったが、インカット判定を受けてしまいマイナス1.0ポイントのペナルティで5.0対6.0で折り返すこととなった。入れ替わって後追いでは、1セクターからピッタリと平島選手に貼り付き1.0ポイントを奪取。1本目と2本目のトータルでイーブンだったがランク判定で負けてしまい1回戦敗退となった。

続いては岩井選手だが、なんと対戦相手はこちらもD-MAXの横井選手。後追いからのスタートとなる重要な1本目は、勢いをみせて横井選手に必至にくらいつく。しかしあと一歩入り込めず8.5対8.5のイーブン。入れ替わって岩井選手先行だが、逆に入り込まれてしまい8.5対7.5の1ランク差で敗退となってしまった。

[RESULT]

No.8 日比野哲也 ベスト16
No.77 岩井照宜 ベスト16

関連記事

  1. D1GP Rd,7 ODAIBA[単走決勝]

  2. Rd,7&Ex TOKYO DRIFT 10.7(Sat)-8(Sun)

塚本奈々美’s EYE

PAGE TOP