D1GP Rd,2 [単走決勝]

COURSE CONDITIONS

DRY

単走決勝ダイジェスト
単走決勝レース展開

予選から一夜明けて13時半からスタートしたラウンド2の単走決勝は前日までの悪天候はなんだったのかと思わせるほどの快晴。路面は完全にドライとなり、今回のラウンド1とラウンド2を通してもっともエキサイティングな走りを期待させた。まず飛び出したのは、No.78の上野選手。前日のクラッシュから現場で応急処置をした後、さらにアライメントや車高をセッティングして出走。傷だらけのマシンを必死にコントロールする姿は感動モノで、なんとか追走決勝に進出。続くNo.15の植尾選手が98.68ポイントの高得点をマークすると、さらにNo.77の岩井選手が98.44ポイントとピッタリマーク。そしてNo.8の日比野選手が軽いフェイントからの大胆な進入で98.88ポイントを叩き出し、チームゼスティノレーシングは全台追走決勝に駒を進めた。

RESULT

3位 No.8 日比野哲也 Best 99.54
4位 No.15 植尾勝浩 Best 98.68
7位 No.77 岩井照宜 Best 98.44
15位 No.78 上野高広 Best 97.00

関連記事

  1. D1GP Rd,3 TSUKUBA[追走決勝トーナメント]

  2. D1GP Rd,3 TSUKUBA[単走予選]

  3. D1GP2017 ドライバーランキング

  4. No.8 GULF RACING ZESTINO TIRE 日比野哲也選手

  5. D1GP Rd,3 TSUKUBA[単走決勝]

  6. D1GP Rd,4 OSAKA[単走決勝]

  7. D1GP Rd,4 OSAKA[追走決勝トーナメント]

  8. D1GP Rd,4 OSAKA[単走予選]

塚本奈々美’s EYE

PAGE TOP