Rd,3 スポーツランド菅生 マッスルクラス[単走予選/追走決勝]

【Muscle Class】

マッスルクラス・ダイジェスト動画
LOCATION

宮城県・スポーツランド菅生

COURSE CONDITIONS

DRY

マッスルクラス・レース展開

菅生大会の1日目に開催されたマッスルクラスでは27台のエントリー中、8台がゼスティノタイヤを装着。選択しているタイヤはグレッジはもちろん、アクロバをチョイスしている選手がいるなどバラエティにとんでいる。
今回のコースレイアウトでは1コーナーから6コーナーまでセクションが分けられているシリーズ最長の審査区間を要しており、各コーナーのつなぎがカギ。それと同時に審査として重要視されたのは進入速度だ。スタートからコーナーを抜けつつホームストレートで加速するレイアウトになっているのだが、コーナーの抜けかたひとつで速度が大きく変わってくる。
とくに非力なマシンには酷。その餌食にかかってしまったのが、塚本奈々美選手だ。300馬力というライバルたちに比べるとローパワーのマシンで全力を尽くしても進入速度が60km/h台と伸びず(ちなみにスーパーマッスルクラスでは80km/h台をマークする)、予選敗退となってしまった。各コーナーでのドリフトがよかっただけに残念だ。

追走決勝トーナメントにコマを進めたのは、堀口選手と河南選手と小山選手の3台。小山選手は2回戦まで進出するも、加藤選手との対決で先行時にエンジントラブルに見舞われ惜しまれつつ敗退してしまった。

RESULT

【単走予選】

【追走決勝】

関連記事

  1. Rd,3 スポーツランド菅生 スーパーマッスルクラス[単走予選/追走決勝]

  2. Rd,3 スポーツランド菅生 マッスルチャレンジ・エキスパートクラス&ビギナークラス

塚本奈々美’s EYE

PAGE TOP